新型歯科用CT撮影装置

新型CT導入

インプラント手術や埋伏歯の抜歯の際の3次元的画像診断に際し、従来当クリニックでは通常時のデジタルエックス線パノラマ撮影に加え、エックス線VT断層撮影を行い総合的に判断していましたが、このたびより短時間の撮影時間でもっと精密な3次元画像診断が可能な新型歯科用CT撮影装置を導入しました。

歯科用CT

新型歯科用CT撮影装置では検査結果を精密な立体的な3D画像にできます。
この画像をもとに骨の状態や歯の細かな情報などが手に取るようにわかるようになりました。
この多くの画像情報を元に今まで以上に安全なインプラント手術が可能となります。
またインプラント手術以外でも、埋伏歯・顎関節症・上顎洞炎など様々な難症例で正確な診断と綿密な治療計画を立てることが可能となりました。

歯科用CT
歯科用CT