無痛治療

五橋デンタルクリニックの無痛治療への取り組み

無痛治療

治療上のいやな事・つらい事・痛い事・一人一人様々で同じ方はいらっしゃいません。
過去の治療によってつらい思いをされた方。それ以降怖くて歯科医院から足が遠のいてしまった方。
五橋デンタルクリニックは、きめ細かい配慮にて患者様の思いを受け止め、安心して治療を受けていただけるよう、努力しております。
患者様との信頼関係。それは、無痛治療の第一歩です。

局所麻酔

麻酔の注射時に麻酔の注射時には、次に挙げる2種類の痛みが生じます。
針が粘膜に刺さるときのチクッとする一瞬の痛みと、その後に注射液が入っていくときの圧迫されるような、じわじわと長く続く痛みです。
これらの痛みをコントロールするために、五橋デンタルクリニックでは様々な工夫をしています。

表面麻酔

表面麻酔クリームを事前に塗り、注射注入時の痛みをなくします。

極細針33Gの使用

五橋デンタルクリニックでは、世界で一番細い針(33ゲージ)を使用し、針が刺さった時の痛みをより感じにくくなるように努めています。
写真の採血用注射針と比べると大きさ・太さの違いが一目瞭然です。

極細針33G

電動注入

電動注射器を使用すると、麻酔薬注入時の圧力がコントロールされ、手ぶれなくゆっくりと痛くなく麻酔ができます。
また、歯肉の浅いところから深いところまで何度かに分けて注入することで、より効果的で痛くなく麻酔を行うことが出来ます。

電動注射器

痛みや苦痛のある状態で治療を進めることはありません

患者様のお気持ちを敏感にキャッチする心を常に持ち続けることの大切さをスタッフ一同、充分に理解し、努力しています。

静脈内鎮静法

気がついたら処置が終わっていた。それが患者様からの最も多くの感想です。
静脈内鎮静法は点滴でお薬を入れていく方法です。全身麻酔とは違い、意識を残した状態で生体の防御反応も保たれているので安全性が高いのです。
お薬の健忘効果がありますので治療中の不快な経験が残らず、まったく覚えていない方がほとんどです。もちろんリアルタイムで患者様の血圧などモニターによりチェックし、患者様の状態を管理しながら万全の体制を整えて行います。